在庫担保融資の概要・活用のポイントについては、下記をご覧ください。
(弊社代表飯島の寄稿「在庫担保融資とは」をご覧いただけます。)

雑誌「近代中小企業」 発行:中小企業経営研究会 http://www.datadeta.co.jp/
なお、上記の掲載ファイル(PDF)の著作権は、近代中小企業の発行元である中小企業経営研究会に帰属します。

在庫や機材・設備が融資の担保になる時代が到来!

在庫や機材・設備が融資の担保になる時代が、本格的に到来しました。事業に直結した中核の資産を担保にできれば、資金調達環境はガラっと変わるはずです。弊社は、貴社の在庫に着目した資金調達を、在庫の評価、在庫の販売を通じて支援いたします。

どんな在庫が「担保」になるのか?

家電、冷凍食品、家畜、お酒から、衣料品、宝石、アクセサリ類まで、最近では様々な商品(在庫)を担保にした融資が実行されています。
原則、どのような商品(在庫)でも、担保になりえます。

在庫担保融資の流れ

在庫担保融資は、原則、取引金融機関に相談することになりますが、取引先が多岐におよび、商品も多岐にわたるため、金融機関が在庫評価をすべての分野でできるわけではありません。したがって、
金融機関が専門の鑑定会社に依頼することがほとんどです。

在庫担保融資は、金融機関とのコミュニケーション効果が高い

企業の中核資産である在庫を担保とする取引は、金融機関にとっては事業の実態把握、企業にとっては管理体制の充実という”副産物”があり、積極的に取り組むことで、金融機関・企業双方の”対話”が生まれ、より親密な関係ができる融資手法といえます。本格的な在庫担保融資活用の時代に向けて、積極的に取り組むことをお勧めします!

お気軽にお問い合わせください。0120-634-288受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ お気軽にお問い合わせください。

コンサルティング料金のご案内

まずは、お問い合わせいただき、貴社の状況について伺った上で、お見積りを作成・提出させていただきます。お気軽に、お電話 または メールいただくことをおすすめしています。